スキップしてメイン コンテンツに移動

なぜ、ハンズオンワークにこだわるか



   「ハンズ オン ワーク なによりも パワフル



私は、プライベートレッスンだけでなく、

ワークショップにおいても、できる限りハンズオン(手で触れること)

をしたいと思っています。

理由としては

「ハンズオンがなによりもパワフルなんだよ」

という教えを、我が師匠たちに頂いたからです。

触れることでしか伝えられない部分

聞いただけでは伝えられない部分

が、そこにはいっぱいあるのです。


ハンズオンワークの効果として特に重要な点は

身体の(緊張の)状態

各部位の繋がり(コーディネーション)

身体に向ける意識(ディレクション)

などの質・量・方向など、非常に微細な変化を感知し

いかにより良い方向に導くか、だと思っています。


例えば、立ち方のバランスを鏡で確認したとしましょう。一見ちょうど良い

バランスに見える状態でも、まだどこかに身体の緊張や、心の緊張があったりします。

さらに、”動き”出してしまえばなお一層緊張しやすい。

アレクサンダーテクニークのターゲットである”無自覚の不必要な緊張”を

自ら感じとることは、思った以上に難しい。

その方の身体感覚の熟練度にもよりますが、

アレクサンダーテクニークが目指す感覚は、

聴覚からの情報だけでは不十分である場合がほとんどです。

より正確に深い理解を得たい場合は、触覚を通した情報がベターです。


生徒さんに

「よく分かりましたね?」なんて言われます。

ハンズオンをしていると、身体の状態がよくわかります。

どの方向に意識(ディレクション)を向けているか。

身体のどの部分を緊張させているか。などなど

それらの緊張が現れた瞬間、動きを一旦止めることにしています。

生徒さんに、気付かずそのままにしようとしていた緊張に気づいて欲しいからです。

悪い習慣によって身体がわずかでも過度に緊張した瞬間や、

感情や心の状態が身体の”緊張”として現れた


 その一瞬の微細な変化を感じ取れるのが

           アレクサンダーテクニーク教師


だと学校で学びました。


ヨーロッパやアメリカでは、伝統的な学校ほど、

多くの時間をハンズオンワークに費やしています。

私が卒業したカリフォルニア、バークレーにある Alexander Educational Centerでも

やはり、授業の中心はハンズオンワーク。

アレクサンダーテクニークの概念、創始者のF M アレクサンダーに関する書籍などに

関しての授業があるものの、


   「解剖学などは卒業してから勉強すればいい」


というのが校長のスタイルでした。

理由は言ってくれませんでしたが、いつも


「EXPERIENCE(体験)が大事なんだ

と教えてくれました。

それはおそらく、頭で解っているからといって、身体が理解をしたわけではない

ということだと思う。

それはただの 解ったつもり です。

日本で、アレクサンダーテクニークを教えていて思うことがある。

アレクサンダーテクニークを学んだことのある方ほど、

理論が、身体のスムーズな動きを邪魔している。

頭よりも、もっと感覚を研ぎ澄ますべきだ!


学校ではとにかく、ひたすらワークをしていく、まさに修行。

何百回、何千回と続けることで、その感覚・技術が身につくと信じて、

毎日学校に通ったものです。

「継続は力なり」という言葉は日本の職人さんにとても当てはまるが、

ここにも職人魂みたいなものを感じました。

校長のGioraはアレクサンダー歴が40年以上の大ベテラン。

その積み重ねられた、技術や感覚は3年間ひたすらプラクティスしても

遥か遠く、卒業する際に「3年間では足りないね」と仲間同士でいったものです。

ただ単に、知識やテクニックに傾倒せず、職人気質なワークという点でも

僕はアレクサンダーテクニークとあの学校を気に入ったんだと思う。


最後に、我が師匠Giora Pinkasのハンズオンをご覧ください。







↓ぽちっとお願いします
 

↓ポチッとお願いします!
  にほんブログ村 健康ブログ アレクサンダー・テクニークへ

コメント

このブログの人気の投稿

2021 Happy New Year!

あけましておめでとうございます。 昨年は、コロナ禍ということもあり 、大変な1年でした。 何かと自粛して、身体と意識が縮んでしまった1年。 たとえ縮んでいたとしても、固まらず、自由で動ける、そんな状態を 保持したいと思っていたのでしたが、まだまだ修行が 足りないと反省中です。 ただそれも良い経験。 いろいろな身体感覚を学ぶことはできた、そんな1年だったと思いたい。 今年は絶対良くなっていく! そう願って、自分との繋がりをより良く保ち 周囲とも程よいディスタンスを保ちつつ、繋がり 心身を健やかに 一日一日 一つの動き 一つの呼吸 を大事に過ごしていきたいです。 さて、今年からスタジオ名を変更し、新たな気持ちです。 最初は「Up direction」(上を意識)という僕がアレクサンダーに強い関心を持った ワードにしようと思っていました。 ところが、 「これ何?」と娘に聞かれ 「アップ ディレクションだよ」と教えると、 「あぴれくしょん」と言われてしまいした。 というわけで、即名前変更! 「Upirection」 アプィレクションと読ませていただきます。 合わせて看板も変更。 営業時間も変更。 月 15:00〜21:00 火 15:00〜21:00 水 10:00〜21:00 金 15:00〜21:00 土 10:00〜21:00 今年は、どんな楽しい年になるでしょう? まだまだコロナは続きそうです。 しかし、も〜仕方がない。 開き直って(いつもですが・・・) 楽しめることを楽しみましょう! 僕は年末から、急に「全体性」を意識して動いています。 日本ではそう言われているようですが、 要は身体全部を使っていくこと。 看板には「上の意識」(の方向)という、大事な部分でありますが それは一部の身体意識であり、僕は動きの始まりの意識なんて思っていますが その意識が身体全体を包んでいるというか 何かをしていても 身体全体と共にいい感覚 とでも言いましょうか。 その心地よさを再び楽しんで生活しています。 師匠のボブが、 「 全身が 同時に 動く 」 そう教えてくれていたのを思い出します。 今年も良い身体感覚で過ごしていきたいです。 皆さんも素敵な年になることを祈って。 本年もよろしくお願いします

身体感覚を高める

2020年も後半になりました。早いですね。 みなさんいかがお過ごしでしょうか? アレクサンダーテクニーク教師のヨシです。 2020年前半は今までにない時代の流れになりましたね。 コロナウイルス。 おかげで、この半年のことがなんだかいつもの時間の流れとは違う 速さであり、質的にも違うもののように感じます。 なんだろう。短い。いやただ単に短いのか。 というか、振り返ると何も無かったから短いと感じるのか。 でも実際は、いつも以上にいろいろ気を付けながら生活していたのに・・・ 僕の自粛期間は、家族との時間が持てたことが良かった事でしょう。 もちろん不自由に感じた時間の方が多かったですが、 まーそれを考えても仕方ない! イライラしたい気分の時もありましたが、 この状況を”受け入れ”つつ、効果のある薬やワクチンができるのを 待つしかない! それならば、少しでも  気 分 良  く  ポ ジ テ ィ ブ  に、  心  と  身 体  と   免  疫 力  を 保っていきたいですね。 外出自粛。 外に出れないなら 内 に、です。 家の中でできる事 そして 身体の内側でできることを楽しもうっ! ということで、この自粛期間中に始めたのが、 新たに学ぶ、です。 以前から気になっていた  チ ネ イ ザ ン (左) 。 ちょっと前にたまたまエンタプライズ社がセールをしていたので 買ってみたのですが まさに今読むべきタイミング。 あの時の決断はこの時のためにあったのか・・・ 以前からチネイザンが気になったことがあったにはあったのですが 引っかからなかったです。 当時は”お腹のマッサージ”くらいにしか思っていませんでした。 すまん、チネイザン。甘く見ていたよ・・・ チネイザン 漢字で書くと ”気” ”内” ”臓” キナイゾウ そう”気”なんです 以前は引っかからなかったのは、おそらく この気の部分にまだ僕がたどり着いていなかったからだろうと思っています。 もし当時、この本を読んでいたとしても おそらくさっぱりだったでしょう。 なぜなら、”気”というものに対していまいちピンときていなかった。 でも今はピンです。 まだまだ浅いですが・・・ いつからかは分からないですが、アレクサンダーの学校で 自分(身体)と向き合うことを通して、 身体感覚が高まり 身体の中の感覚を通す というようなことができる

妊婦さんのための『身体の使い方』 ー 身体の奇跡を楽しもう ー

《 妊婦さんのための『身体の使い方』 》 私事ですが 4月の後半に次女が生まれました。 現在、元気にスクスクと成長中。 徐々に身体がムチムチしてきて触り心地が良くなり、 「あ〜〜う〜〜」言ってみたり たまに見せる笑顔(なのかただの表情の変化か)に ついつい嬉しくなってしまいます。 この時期にしか楽しめない喜びを噛み締めている現在であります。 二人目の出産となった今回ですが コロナ禍ということもあり、妻は里帰りせず(できず) 近所の助産院で出産することになりました。 そのため、一人目の出産の際にはあまりできなかった 『妊婦さんの身体の観察』 が目一杯できたのです。 不思議なもので 出産前だと 周りに歩いている妊婦さんがなぜか目に入る。 出産後は ベイビーを連れている人が目に入ってくるんですね。 あれ?こんなに妊婦さんやベイビーがいたっけ? ってな具合に。 ついつい妻だけでなく 目に入る妊婦さんやベイビーを観察してしまいました。 妊婦さんを観察していて、また助産師さん看護師さんと話していて 今回は気づいた点、気になる点などについて書いてみました。 今後、出産を控えている妊婦さんや 出産に携わる方の、何かお役に立てればと思います。 『妊婦さんのための身体の使い方』 と言っても何か特別な トレーニングなどをするわけではありません。 いつもそうですが アレクサンダーテクニークでお伝えしたい身体の使い方は 余計な緊張をやめて 本体持っている自然な動きを取り戻す ただ、妊婦さんは通常の身体的変化とは全く違い 胎児の成長と子宮が大きくなってくることで 身体が劇的に変化します。 それも短期間のうちに。 身体はびっくりですし 感覚も追いついていかないでしょう。 それほどの変化をしっかり理解し さらに身体感覚としても理解した上で 身体を上手に使ってもらいたい。 妊婦さんに身体の使い方で意識をしてほしいこと 『 身体の変化を邪魔しない 』 妊娠したからと言って 現実的には身体を休められるかというと そうもいかない。 買い物へ行ったり、家事に育児。 ギリギリまで仕事のを続ける方もいます。 ウチの長女は、出産前ではお母さんと遊べないストレス。 出産後は見事に「赤ちゃん返り」全開となりました。 以前よりの駄々っ子になったり、甘えたいので抱っこの時間が増えたり。 もう17kgもあるのに、毎日が筋ト