2015年7月1日水曜日

ポートランドとMtシャスタ


今回はちょっと旅ブログ。

SomatoEmotional Release 2(SER 2)のワークショップを取るためにサンフランシスコから

車を10時間走らせ、僕のおばあちゃんカーことRav4(1999年式)が唸りながら

いくつも山を抜け、やっとの思いでたどり着いたのがオレゴン州ポートランド。

比較的こじんまりとしたこのポートランドは、実は全米で一番住みたい街に選ばれるほど

住みやすい。環境にも優しく、スローライフに適した街として有名で、なにより

とても自由な感じ。タトュー率がかなり高くアーティスティックな人ばかり。


初日にして、僕もこの街の虜になってしまった。

特に気に入ったのが、Mt Hood。 街のどこからでも見えるので、まるで

守り神のようで、安心感を与えてくれえる。



しかし残念ながら、今回の目的はSER2。

4日間のワークショップで余裕がなく、それほど散策する余裕がなかったのが、

本当に残念。


ここで、ちょっとSER(ソマト・エモーショナル・リリース)の説明。

クラニオセイクラル・セラピーの次の段階に位置するSERは、

肉体や精神に残っている過去のトラウマ(事故や怪我、嫌な経験や思い出など)を

身体の組織を通してアプローチし、取り除いていく治療法です。

超微細な脳脊髄の流れ感じ、その変化に合わせて患者との会話を進めていく。

すると、不思議と患者は何か身体の変化を感じたり、過去のイメージ、もしくは

それに関係するイメージが自然と浮かんでくる。それは無意識の領域から

意識できる領域に過去のトラウマが浮かび上がったような感覚。

そこで過去のトラウマと向き合い、受け入れることでその過去のトラウマが

リリースされる。そんな感じがした。

例えば、僕のパートナーとして一緒にworkした方は、過去の事故による身体の不具合、

手術台に横たわり麻酔された時の嫌な感覚、その時の家族や友人との関係について

心配していたことなどが浮かび上がってきた。そして彼女は、泣いた。

かなり多くの生徒が治療中泣いていた。僕もちょっとウルッときた。

マッサージ中によく感じることがある。コリが身体の奥の方から

引っ張られていて、なかなかほぐれない、そんなコリに出会う。

それが根っこからリリースできる方法が、SERな気がする。

練習、練習、また練習だな…

コロンビア川 ワークショップが開催されたホテルから

とりあえずポートランドと書いてあるのを撮りたかっただけ

近所で見つけたお気に入りカフェ  Albina Press
バリスタのレベルが高い!


ここで意外な出会いが!?


keep your chin up!!

白人が作るラーメンに違和感、味も違和感…



Salt & Straw,  Alberta streetの人気のアイス屋の行列
アイスの写真は撮り忘れる

ダウンタウンの電車。交通機関は整っていてとても清潔

壁2

フードトラック。週末は休み

リバー・プレイス・マーチャンツでのんびり

ウィラメット川沿いの公園

10 Barrel Brewing Co.
あまり飲めないがせっかくなので


最も美味しいと言われるクラフトビール!

Sweedeedee on Albina Ave
平日なのに激混み

実はサラダが激ウマ!
コロンビア渓谷沿い、マルトノマ滝
神々の橋
 神々の橋
マーチマウンテン・シェラードポイント
5つの高い山が見える

人生初、絵画を購入してしまった。Mt.Hood の形がいいんだよ〜@Albina Press


帰りはポートランドとサンフランシスコのちょうど中間地点の

マウント・シャスタに寄りました。

世界7大聖山と呼ばれ、パワースポットとして有名。

ネイティブアメリカンの聖地でもある。


バーニー・ホールズ カリフォルニア1美しいとの噂

今回の旅を通じて、なんだか魂が成長した気がする。

SERのワークショップにて、無意識に触れることができたことと、

そしてMt.Shastanのおかげだろう。

そもそも,あまりスピリテュアルな感性は持ち合わせてないと思っていたが、

ふと「魂が成長した」と感じたから、そうなんだろう。

そーいえば、SERの先生が何度も言っていた。

「身体の組織が全てを教えてくれる。身体は全部わかっているんだよ。」と。

今、自分の身体の中には、とても広い空間が広がっているような気がする…



ぽちっとお願いします! 
ポチッとお願いします! にほんブログ村 健康ブログ アレクサンダー・テクニークへ
にほんブログ村