2014年11月28日金曜日

『姿勢とウォーキング』セミナー



11月の22日(土)、

『姿勢とウォーキング』

セミナーを開催させていただきました。

初の開催なので、ぜんぜん人は来ないかなと思っていたが、

予想以上だったので正直驚きでした。

お越し頂き、ありがとうございました。




今回の内容は、皆さんが知りたいけれど、実はしっかり分かっていない

『姿勢』と、そして『ウォーキング』。

いろいろと姿勢に関する事は言われているが、僕が 皆さんに

お伝えしたかった事は、

身体に対してどのような意識を向けるか。

身体とは本来、もっと柔らかくしなやかで、身体全体が繋がっているもの。

それが、猫背になり身体が丸く潰れてしまったようになったり、自分で身体を

硬めて、腰や背中を必要以上に反らせてしまったりと、筋肉や関節に不必要に

負担をかけ続けてしまった結果、凝りや痛みに悩まされているのです。


 
  長くしなやかに
    
      広くやわらかく


この2つの意識を保ってもらうことで、皆さんの背が伸びたようでした。

そして、動きはやわらかく、しなやかになったように僕には見えました。

ただ長年の習慣というものはなかなか変えられないので、意識するあまり、

逆に動きがギグシャクしてしまっている方もいました。

最初は”意識”と”身体”がすぐには繋がらないものです。それが長い年月をかけて

身に付けてしまった悪い癖だったらなおさらです。

でも、大丈夫です。

意識を身体に向け続ければ、身体は自然と反応してきます。

そして、意識し始めたときから、脳−神経回路はすでに変化を始めていますから。


今回の一番の反省点は、皆さんの頭の上に浮いていたクエスチョンマークに

うまくお答えできなかった事。

”いつもと違う”感覚の姿勢や動きは、あまり心地いいと感じることができず、

受け入れがたいでしょう。

その姿勢や動きが良くないと分かっていても、いつもの慣れ親しんだとこに

やはり心地よいと感じるのは当然です。

「この感覚で合ってる?この動きは正しい?なんか居心地が悪い。」

そんな心の声が聞こえてきました。

次回はそんな疑問にお答えする為にハンズオンをしていきたい。

ハンズオンとは、身体に手を添える事で、

その手から身体の緊張状態をキャッチするとともに、一人一人に合わせて微調整が

可能になります。




「身体に対して、なにか”気づき”はありましたか?」

セミナーの最後に、皆さんに質問させてもらいました。


「身体が軽くなったような感じがした」

「頭が背骨の上にあるのが分かった。普段は顔が前に出ている事に気づいた」

「股関節が伸びるのが分かった」

などのご意見をいただきました。

正直うれしかったですね〜。伝えたかった事が、伝わっているって。

次回に向けての俄然やる気が出てきました!!





次回は来年1月か2月を予定しています。


お楽しみに!!




ぽちっとお願いします!
ポチッとお願いします! にほんブログ村 健康ブログ アレクサンダー・テクニークへ
にほんブログ村