2014年7月27日日曜日

W杯サッカー 日本代表の身体の使い方

ワールドカップサッカー2014 in Brazil.
僕の予想通りドイツが優勝してしまった!?ブラジルもけっこう応援してたから
本当に残念だった。

そして、日本代表は残念ながら予選グループで負けてしまいましたが、結果はどうあれ、
「おつかれさま」と言いたい。

そこまでBig Fan というほどいつも見ていませんが、やっぱり
一流の選手の動き、身体の使い方には毎回驚かされる。
まさに ART
世界のトップと言われる選手はどの競技においてもその身体の使い方、動きが
常人のそれとは全然違う。
にわかと言われようと、超一流選手のプレーはやっぱり見るべきだ。

ただ、正直に言うと、残念ながら日本選手の動きは僕的にはあまりARTではなかったかな。もちろん眼を見張るようなプレーも多々あったと思うが、
身体が小さいとか、スキルがどうとかの問題ではなく,
ただ純粋に動きを見ていても、こりゃ〜格が違うわってなってしまった。

外国人選手はなぜ、あんなにデカいのに、早くて、なおかつ柔らかいのだろう???

身体の使い方という観点(アレクサンダー的)から勝手に分析してみました。

特に気になったのが、

1、〝頭〟からの動き
   
2、〝ヒザ下の柔らかさ〟と〝上半身〟の関係


1、頭からの動き

フェイントからスッと身体半分、頭一個抜け出す、あの一瞬の瞬発力みたいなものが
一流選手にはある。
その際、特徴的なのが頭からの動きである。特にポルトガル代表のロナウドなど、
ヨーロッパの選手は見た目の姿勢がよく、直線的な動きの速さは特に眼を
見張るものがある。


                                      クリスチアーノ・ロナウド(Google images)

あたまがスッと進行方向に動き、身体が前傾になり、
足から地面を蹴る力が背骨を通して頭まで抜けていくことで
効率の良い推進力が生まれる。
頭が前に倒れすぎていても、頭が上がって顎をだし
背中が反ってしまっていても、推進力の効率は落ちる。
(画質がイマイチですいません)
これは陸上選手のスタート時の身体の使い方と同じである。


                                      人類史上最速。ウサイン・ボルト(Google images)

下の写真はおそらくギリシャ戦の日本代表。
特に注目してほしいのは頭の角度/顎。
ギリシャの選手はボールを競りながらも顎が上がらず
背骨はストレートに近い状態で前傾を保てているが
右の内田選手は前傾はしているものの、顎が上がってしまっている。
これでは足からの力がまっすぐに背骨を抜ける推進力にブレーキを
かけてします。


          日本代表 ギリシャ戦 (google image)
 
身体の感覚が豊かな人は分かるかもしれないが、ただ立っている状態で
首をほんの少し長く伸びる(特に首の後ろを長く)ようにすると両足の地面の
接地感が足全体に広がってしっかり地に足が付く感じが出る。

逆に顎が上がってしまうと接地感・安定感は低下してします。
つまり地面から伝わってくるパワーが衰えてしまうのである。
推進力だけでなく、〝当り〟も弱くなってしまっているのである。
(〝当り〟に関しては説明が長くなりそうなのでまた改めて話したいと思う。)

ここで注意してほしいのが「アゴを引く」のとは違うと言うこと。
アゴを引くと、頭と頚の境目あたりから背中までと顎関節周辺に
余計な筋緊張が出てしまい全身のコーディネーションが悪くなる。
日本選手は全体的に顎が上がり、背中が反る傾向にあると思う。

体幹部分のトレーニングをはしっかりしてきていると思うし、とても締まっていて
見た目はイイ身体だ。
だが、逆に硬すぎになり、それが柔らかさを阻害したり動きにブレーキをかけてしまっているような気がしてならない。一瞬の競り合いで勝てない原因の1つが、ここにあるのではないだろうか。



2、〝ヒザ下の柔らかさ〟は〝上半身〟から

特に南米の選手のボールタッチはとても柔らかい。
まるで膝から下がタコの足のようにフニャフニャでボールが足に吸い付いているようだ。
膝・足首さらに各5本の指先まで神経が行き届いていて、それぞれの関節・筋肉が柔らかくコントロールされているからなせる技なのでなないだろうか。
しかもなぜあの激しい競り合いの最中に、もしくはスピードが乗っていて
ボールコントロールが難しい状況で、可能なのだろうか???

僕が注目したのは足の動きではなく

上半身だ!

特に南米の選手はなんとも柔らかい。まるでダンスでもしてるかのようだ。
僕の周りに居るブラジル人を見ても基本がサンバのリズムのような柔らかさを感じる。
確かに日本の伝統舞踊はゆっくりした動きで硬くて重いようイメージしかない。
そういった文化的背景や元々の身体の作りから動きの質の違いも
多いに関係しているだろう。

だがそういった背景はちょっと隅の方に置いておいて、比較してみたい。



                               本田選手(Google Images)

この写真は相手を置き去りにしようとドリブルしている場面だと思うが、
僕が見た印象は
1、上半身全体が起き過ぎてしまっていて、前方への推進力を阻害。(アゴは上がってい  ない)
2、腰から下半身が落ちている。見ていて重そうで(下半身の)意識が
  下に向き過ぎている。腰から進もうとする意識が強いと思われる。
  その為か股関節・腰に硬さがみられ、ボールタッチも柔らかさを失う。
        



こちらの画像は、表情と動きから察するに、おそらく前方にディフェンダーが居るのだと思う。
こちらも上半身が起きてしまっていて、推進力にブレーキをかけている。
特に気になるのが

・上半身が反り過ぎてしまっていること。

背中−腰が反り、それが股関節を圧迫してしまい下半身の動きや柔らかさを損なうことに
なる。上半身を起こし、背中を反るようにブレーキをかけると次の動作への
推進力を殺してしまう。一歩、いや半歩抜け出せないのはその為だ。

この腰/背中と股関節/下半身の動きの関係についてあまり言われていないことだと思う。言われているとしたら、腸腰筋だろう。腸腰筋は確かにとても重要な身体のパーツ
の一つではあるが、一つの筋肉にフォーカスするのは良くない!
この腰−背中と股関節−下半身の関係を感覚的に日本語で言うとなると懐が広いという表現が比較的近いのではないかと思う。

次の写真を見てほしい。


          リオネル メッシ(Google images)

ドリブル中のメッシ。
アゴは上がっていなく、前傾姿勢。
本田選手に比べて背中を反らさず、むしろ逆に腰が引けてるようにも見える。
だが、そのおかげで股関節・腹部周辺に広がり、もしくは余裕を感じさせる。
それによって、股関節から下半身の柔らかさが生まれるのである。
さらに上半身と下半身のつながりが良くなるのであり、ボールが常に胸の下にあるような独特のドリブルが可能になり、ボールが身体に吸い付いているような一体感のある
動きに繋がるのであろう。
腰椎の前傾を保つ為に腰から進むといいとか、腰を入れるなんてよく言われているが、
それは大きな間違いであるので気をつけてほしい!!

ちなにみメッシは全然ムキムキのマッチョではない。
それでもあの小さい身体で競り負けないのは、身体の使い方の巧さのおかげだろう。


                 リオネル・メッシ(Google images)

最後に、動物界最速 チーター


何度見てもほれぼれするしなやかな動き。
人はもっと動物の自然な動きから学べることとがいっぱいあるはずだ!!




↓ぽちっとお願いします