スキップしてメイン コンテンツに移動

身体の「軸」のクオリティー


「パスタの茹で加減は、アルデンテ!

        身体の軸もアルデンテ!!」


なんて、ピラティスのインストラクターをされている生徒さんと話していたので

今回は『身体の軸のクオリティー』の話。


最近、100m走にハマっていた(実際には走りません…)僕が、

頻繁に「身体の軸」の事を書いていました。

分かりやすく表現するために、矢印→を使っていましたが、

実は心配がありました。

矢印→で表現してしまうと、意識として棒や針金のような硬いもの

→をイメージしてしまいそうで。


レッスン中に「上を意識して(think up)」と言うと、

身体が硬くしてしまう方がいます。

背筋をピンッと、って感じです。

悪い癖ってやつなんですが、

これが結構困りものなんです。

確かに見た目の姿勢は良くなるのですが、柔らかさを失ってしまうからです。

アレクサンダーテクニークが求めているところは、ソコではありません!

「柔らかく、そして伸びやか」です。

その為に、軸、そして意識のクオリティーは非常に大事なのです。


例えば、

(座っていても、立っていてもいいですが)

身体のセンターを意識してみてください。

身体の中心。

骨盤の中から上半身を通り、頭を抜けて天に伸びるような。

最初は、

「硬い棒のような矢印が、身体の中心を抜けて空に伸びている」

と意識してみてください。



どーでしょう?

軸の感覚は出ましたか?

(普段から身体に意識を向けていない方は、ちょっと難しいかも)

では、次に

「身体の中に湯気が湧いて出てきて
  
  身体の中を通り、頭を抜けて、湯気が空にフワ〜〜〜っと広がる」




いかがでしょう?

身体が軽くフワっと浮くような感じになりました?


レッスン中に「軸」にばかりに意識を強く向けると

逆にそれが生徒さんの身体に余計な緊張をもたらしてしまう場合が

多々あります。

そんな時は

まず、一旦意識することをやめてもらいます。

慣れない方が、すぐに意識の質を変えることは難しい。

もしくは、意識をもっともっと軽めにしてもらいます。

僕の師匠のボブだったら「Easy ,easy,easy…」と言ってるとこです。

もしくは、意識を柔らかそうなものに例える。

それが、「湯気のようなに…」なんです。

イメージは身体の緊張を和らげてくれるようなものでしたら

正直何でもいいと思っています。

たとえばアルデンテとか・・・

アルデンテは、パスタの中心にほんのり芯が残っていて、歯ごたえのある。

それでいて、周りは柔らかく、クネクネ動くことも可能。

イメージはとても身体に影響を与えます。

僕のアレクサンダーの先生方は、いつも良いイメージだったり

無駄な力が抜けるような言葉をかけてくれ、

とても心地が良いポジティブな方向に導いてくれました。

決してネガティブなことは言わない。

「硬いですね〜、緊張してますね〜、ここの動きが悪いね〜。」

以前はマッサージ師として普通に使っていた言葉が

お客さんを悪い方向に導いていたんだなと、後悔しました。



さて、100m走に戻りましょう。

軸がまっすぐでなくてもいい例を見つけたので紹介した。

こちらは、ウサイン・ボルトの走りを分析した画像です。(ちょっと古い…ですが)




決してまっすぐではない軸で、他の選手よりも軸(背骨)の動きがあります。

ここで、改めて100mの決勝を見てみましょう。


ここに注目して欲しい!!
 
胸の動き

・首が自由であり、走りとは別の動きになっている




青のユニフォームのトップを走るガトリン選手は、

頭を中心に前後に城帯を揺すりながら加速させているのが分かります。

対して、ボルト選手は、胸の動きを中心に上半身を前後左右に

揺らしながら加速していってます。

それでいて、背骨の一番上に頭が乗っているだけで、頭の動きの自由さも見える。

一致している点は、

両選手共に伸びている軸の方向は、あくまで  上 であることには変わりない!


ボルト選手は側湾症であるというのは有名な話だが、

基本的には身体の柔軟性と全身の伸びやかさが半端ない!

そして、足の運びを見ると他の誰よりも大きくしなやかに動いている。

動き全般のスケールが違うというか。

他の選手には真似できない走りだと思う。



ピラティスをする方は、体幹や軸を意識するあまり、それが余計な

筋緊張になってしまう。

それが、結果として首や腰を痛める原因になってしまう。

軸というもののイメージがアルデンテのようなおいしそうな…

ではなく、芯はあるけれど、柔軟性もあるような、そんな軸であり、身体であり。

コア・マッスルを含めた身体全部の筋肉を総動員してエクササイズができることが

怪我の予防にもなり、パフォーマンスの向上になる。

今回はそんなお話でした。


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Yoshi



↓ぽちっとお願いします
 

↓ポチッとお願いします!
  にほんブログ村 健康ブログ アレクサンダー・テクニークへ

コメント

このブログの人気の投稿

2021 Happy New Year!

あけましておめでとうございます。 昨年は、コロナ禍ということもあり 、大変な1年でした。 何かと自粛して、身体と意識が縮んでしまった1年。 たとえ縮んでいたとしても、固まらず、自由で動ける、そんな状態を 保持したいと思っていたのでしたが、まだまだ修行が 足りないと反省中です。 ただそれも良い経験。 いろいろな身体感覚を学ぶことはできた、そんな1年だったと思いたい。 今年は絶対良くなっていく! そう願って、自分との繋がりをより良く保ち 周囲とも程よいディスタンスを保ちつつ、繋がり 心身を健やかに 一日一日 一つの動き 一つの呼吸 を大事に過ごしていきたいです。 さて、今年からスタジオ名を変更し、新たな気持ちです。 最初は「Up direction」(上を意識)という僕がアレクサンダーに強い関心を持った ワードにしようと思っていました。 ところが、 「これ何?」と娘に聞かれ 「アップ ディレクションだよ」と教えると、 「あぴれくしょん」と言われてしまいした。 というわけで、即名前変更! 「Upirection」 アプィレクションと読ませていただきます。 合わせて看板も変更。 営業時間も変更。 月 15:00〜21:00 火 15:00〜21:00 水 10:00〜21:00 金 15:00〜21:00 土 10:00〜21:00 今年は、どんな楽しい年になるでしょう? まだまだコロナは続きそうです。 しかし、も〜仕方がない。 開き直って(いつもですが・・・) 楽しめることを楽しみましょう! 僕は年末から、急に「全体性」を意識して動いています。 日本ではそう言われているようですが、 要は身体全部を使っていくこと。 看板には「上の意識」(の方向)という、大事な部分でありますが それは一部の身体意識であり、僕は動きの始まりの意識なんて思っていますが その意識が身体全体を包んでいるというか 何かをしていても 身体全体と共にいい感覚 とでも言いましょうか。 その心地よさを再び楽しんで生活しています。 師匠のボブが、 「 全身が 同時に 動く 」 そう教えてくれていたのを思い出します。 今年も良い身体感覚で過ごしていきたいです。 皆さんも素敵な年になることを祈って。 本年もよろしくお願いします

身体感覚を高める

2020年も後半になりました。早いですね。 みなさんいかがお過ごしでしょうか? アレクサンダーテクニーク教師のヨシです。 2020年前半は今までにない時代の流れになりましたね。 コロナウイルス。 おかげで、この半年のことがなんだかいつもの時間の流れとは違う 速さであり、質的にも違うもののように感じます。 なんだろう。短い。いやただ単に短いのか。 というか、振り返ると何も無かったから短いと感じるのか。 でも実際は、いつも以上にいろいろ気を付けながら生活していたのに・・・ 僕の自粛期間は、家族との時間が持てたことが良かった事でしょう。 もちろん不自由に感じた時間の方が多かったですが、 まーそれを考えても仕方ない! イライラしたい気分の時もありましたが、 この状況を”受け入れ”つつ、効果のある薬やワクチンができるのを 待つしかない! それならば、少しでも  気 分 良  く  ポ ジ テ ィ ブ  に、  心  と  身 体  と   免  疫 力  を 保っていきたいですね。 外出自粛。 外に出れないなら 内 に、です。 家の中でできる事 そして 身体の内側でできることを楽しもうっ! ということで、この自粛期間中に始めたのが、 新たに学ぶ、です。 以前から気になっていた  チ ネ イ ザ ン (左) 。 ちょっと前にたまたまエンタプライズ社がセールをしていたので 買ってみたのですが まさに今読むべきタイミング。 あの時の決断はこの時のためにあったのか・・・ 以前からチネイザンが気になったことがあったにはあったのですが 引っかからなかったです。 当時は”お腹のマッサージ”くらいにしか思っていませんでした。 すまん、チネイザン。甘く見ていたよ・・・ チネイザン 漢字で書くと ”気” ”内” ”臓” キナイゾウ そう”気”なんです 以前は引っかからなかったのは、おそらく この気の部分にまだ僕がたどり着いていなかったからだろうと思っています。 もし当時、この本を読んでいたとしても おそらくさっぱりだったでしょう。 なぜなら、”気”というものに対していまいちピンときていなかった。 でも今はピンです。 まだまだ浅いですが・・・ いつからかは分からないですが、アレクサンダーの学校で 自分(身体)と向き合うことを通して、 身体感覚が高まり 身体の中の感覚を通す というようなことができる

妊婦さんのための『身体の使い方』 ー 身体の奇跡を楽しもう ー

《 妊婦さんのための『身体の使い方』 》 私事ですが 4月の後半に次女が生まれました。 現在、元気にスクスクと成長中。 徐々に身体がムチムチしてきて触り心地が良くなり、 「あ〜〜う〜〜」言ってみたり たまに見せる笑顔(なのかただの表情の変化か)に ついつい嬉しくなってしまいます。 この時期にしか楽しめない喜びを噛み締めている現在であります。 二人目の出産となった今回ですが コロナ禍ということもあり、妻は里帰りせず(できず) 近所の助産院で出産することになりました。 そのため、一人目の出産の際にはあまりできなかった 『妊婦さんの身体の観察』 が目一杯できたのです。 不思議なもので 出産前だと 周りに歩いている妊婦さんがなぜか目に入る。 出産後は ベイビーを連れている人が目に入ってくるんですね。 あれ?こんなに妊婦さんやベイビーがいたっけ? ってな具合に。 ついつい妻だけでなく 目に入る妊婦さんやベイビーを観察してしまいました。 妊婦さんを観察していて、また助産師さん看護師さんと話していて 今回は気づいた点、気になる点などについて書いてみました。 今後、出産を控えている妊婦さんや 出産に携わる方の、何かお役に立てればと思います。 『妊婦さんのための身体の使い方』 と言っても何か特別な トレーニングなどをするわけではありません。 いつもそうですが アレクサンダーテクニークでお伝えしたい身体の使い方は 余計な緊張をやめて 本体持っている自然な動きを取り戻す ただ、妊婦さんは通常の身体的変化とは全く違い 胎児の成長と子宮が大きくなってくることで 身体が劇的に変化します。 それも短期間のうちに。 身体はびっくりですし 感覚も追いついていかないでしょう。 それほどの変化をしっかり理解し さらに身体感覚としても理解した上で 身体を上手に使ってもらいたい。 妊婦さんに身体の使い方で意識をしてほしいこと 『 身体の変化を邪魔しない 』 妊娠したからと言って 現実的には身体を休められるかというと そうもいかない。 買い物へ行ったり、家事に育児。 ギリギリまで仕事のを続ける方もいます。 ウチの長女は、出産前ではお母さんと遊べないストレス。 出産後は見事に「赤ちゃん返り」全開となりました。 以前よりの駄々っ子になったり、甘えたいので抱っこの時間が増えたり。 もう17kgもあるのに、毎日が筋ト