スキップしてメイン コンテンツに移動

日本人の姿勢が一番悪い!!



サンフランシスコでずっと思っていたことがある。


日本人の姿勢が一番悪いんじゃないか???


今回の長旅で確認したかったことがそれである。

結果から言ってしまうと、

日本人の姿勢が一番悪い!!  ザンネンだー

特に気になるのは、動きの硬さと、伸びやかさがないことだ。

(まったくデータはありません。僕の観察の結果のみ)



特徴としては、疲れて重そうで、下を見て、ズルズルと歩くような猫背の姿勢。

もしくは、姿勢の良さそうな人はピシッとしすぎていて硬い。

特に体幹部分が硬い人が多いんだな。

これって、前から流行ってる体幹トレで意識のしすぎなんじゃないか

と思うのは僕だけか?


コレはちょっとお気に入りのPV。

別にJustin Bieberのファンではないが、ダンサーの体幹の動きが凄すぎて

気に入ってしまった。彼女らの動きを見て体幹部分はここまで動くんだと

再認識してもらいたい。






姿勢や動きに関して、生まれ持った骨格的な違いはもちろん大きな要因と思うが、

実際その国に行ってみるとまた違った要因もいっぱい見えてくる。



《狭さと低さと小ささ》

これは特にアメリカと比べて思うことで、帰国後、未だにそのサイズの違いに

ちょっと戸惑っている。そのうち慣れちゃうんだろーけどなー…

国土の広さを考えると比べる方がおかしいかもしれないが、その要因は大きいと思う。

デカい鉢で育った金魚は、デカくなる説。(これホントなの?)



左の赤枠がカリフォルニア州で、日本の総面積とほぼ同じと言われてます。

さらにアラスカにハワイもあるんだもん、かなりデカイよね。

比べる方がおかしいかもね。ちなみに人口は3億2、000万人。


特に低さで、いやだな〜と思うのが洗面所やキッチン。

腰を曲げる角度が大きくなるから、身体をうまく使わないと腰にかかる負担は

大きくなる。

狭さ・小ささでいうと、極端な例えだが、混んでいる電車。

余分なスペースがなく、周りに気を使っているとどうしても気持ち身体

縮めてしまう。

これは仕方のことですが、良くない点は、さらに意識も縮こまっているとこです。

本来、スペースというのは身体の中にも感じられるのです、心の余裕とも

関係があるのだが、そのスペースを削り、身体の内側から身体を固めてしまっている。

身体の中のスペースと言われると、イマイチぴんと来ない方もいると思います。

しかし、気づきと感覚を高めていくと身体の内側(本当の自分)がとても大きな

空間があって、それこそ”宇宙”のような広がりがあることが感じられるように

なるでしょう。

僕は瞑想をしてるわけではないので、瞑想でいうとこの”宇宙”が、僕の感じた”宇宙’かは

わからないが、瞑想の訓練をしてる方と身体の感覚(気づき)に関してかなり近い認識

を持っていた事が分かり、話しがとても盛り上がったことを良く覚えている。

その日は去年のクリスマスイブ。インドでのことだ。

夜中まで話し込んだな〜、イブに、男3人で…。

やっぱり、インドってなんかあるんだね😅


《お辞儀と会釈と謙る》


個人的には、オジギエシャクヘリクダルという文化は、日本人の身体を歪めて

しまっている一番大きな要因だと思っている。本気で。

ただ、日本の礼儀の文化を否定するつもり毛頭ない。

むしろ尊敬の念を込めたいくらいだ。

しかし、”身体”にとって、という意味だけで捉えると、やっぱり良くないんだな。

まずお辞儀だが、一流旅館の女将がお客を迎える時の、正確に股関節から45°に

曲げてするエレガントなお辞儀は比較的大丈夫。

何が大丈夫かというと、股関節から曲がった頭−背骨−骨盤のラインがバランスが取れて

一直線のラインにあり、しっかりと背部全体の筋肉(背筋だけではない)を使っている点

が素晴らしい。




有名な方々が誠意を見せるために深々と90°の謝罪会見も同じなのだが。

(なんか、謝罪会見多いよね…)



左の方は、背骨のラインより顔が前に落ちていて、顎が上がり首に強い緊張が見られる。

さらに背中が丸いために背部全体の筋肉を上手に使えていないので、腰への負担

も見られる。


もっとカジュアルな感じの「チワっす」「あっ、どーも」とか、

「では、あっ、はいっ、はいっ、はいっ、失礼しま〜す」など、

日常で無意識に、ちょくちょく出てくるような軽い会釈でも、このような

頭–背骨−骨盤のバランスの崩れはよく見られる。

一回一回は大きな緊張に繋がらなくても、積み重ね、習慣になってしまうと

なかなか抜け出せないものだ。

会釈のたびに後頭部が落ちて顎が上がり、それによって頚椎の圧迫されて、

縮こまってしまう点だ。さらに、その圧迫が背骨全体→下肢の伸びやかさまで

奪ってしまうのが日常的に起こっているのは問題だ。


そして、ヘリクダルという気持ちが入る

辞書によると;相手を敬って自分を控えめにする。謙遜する。卑下する。

気持ちも意識も相手より下にという、下方へ意識が向く。

すると身体はそれにつられて下方へ。

つまり身体を押しつぶしてしまい、伸びやかさが失われてしまうのです。

先ほどの身体の中のスペースも、もちろん潰れてしまう。

「あっ、すいません!」と言っている時などは顕著だ。

では、逆にへりくだる必要のない偉い方達や自分に自信がある方はどうだろう。

反り返ってるかんじしないですか?(あれ?ちょっと偏見かな?)


アメリカでは、挨拶はハグか握手が基本なので伸びやかさを

保っていられるのはおおきな要因だと思う。



《内股女子、ガニ股男子》

あそこまで極端な内股女子は、日本以外では見たことがない!

どーしちゃったの日本女子???

特に若い子が酷い!

全然健康的じゃないし、全く可愛くないよ!!

なんて一部は個人の主張ですが、本当に将来が心配だよ。おじさんは。


これって、学生自体の制服のスカートのせいもあるかなと思う。

「足は閉じないとっ!」って意識が、足全体ではなく、大腿部のみになって

しまったんだろう。あとは、カワイイ文化かな。

ガニ股男子は、世界的に結構いる。だから日本人だけとは言わない。

でもやっぱ多いかな。

以前、アメリカ人のアレクサンダー仲間に、「日本人はガニ股だからすぐ分かるよ」

と言ってたのを覚えている。

ショックだった。そんな区別の仕方になっちゃうのね…


足の自然な動きって、ムチのようなしなやかで、もっと軽いステップの方が

実は安定して、バランスも良くなるし、なによりラクなんだよね。

逆に、あまりしっかり地面を捉えようと下方への意識が強くなりすぎると、

ただただ、重い足取りになってしまう。一見安定してるようでも実は色々な方向への

動きに素早く対応出来なかったりする。だから、ドシッドシッと歩いている高齢者は

転倒しやすい。

僕の経験だと、サーフィンになってしまうが、不安定なショートボードに

乗っている時ほど踏ん張り過ぎず、軽くピョンピョン跳ねるかのようなリズムで

柔らかく乗っている方がバランスがとても良い。さらに頭の中で鼻歌でも

歌えるくらいの余裕があるとなお良い!もちろん深いターンは踏ん張るけどね。



我々日本人は農耕民族だったので、どっしりと重そうな足取りなるのは

DNAからなのか?狩猟民族は身軽そうだし。

まー、その分チームワークが良いのも農耕民族だけどね。


しかし、この重い足取りは、なんとなく今の日本全体の雰囲気にも

関係してるよーに思う。

それならば、アレクサンダーテクニークで、みんなを軽い足取りで、心も身体も

上向き前向きに促していくのが僕の使命だな!?



 シュエダゴン・パゴダ  ヤンゴン ミャンマー















コメント

このブログの人気の投稿

W杯サッカー 日本代表の身体の使い方

ワールドカップサッカー2014 in Brazil. 僕の予想通りドイツが優勝してしまった!?ブラジルもけっこう応援してたから 本当に残念だった。 そして、日本代表は残念ながら予選グループで負けてしまいましたが、結果はどうあれ、 「おつかれさま」と言いたい。 そこまでBig Fan というほどいつも見ていませんが、やっぱり 一流の選手の動き、身体の使い方には毎回驚かされる。 まさに  ART 。 世界のトップと言われる選手はどの競技においてもその身体の使い方、動きが 常人のそれとは全然違う。 にわかと言われようと、超一流選手のプレーはやっぱり見るべきだ。 ただ、正直に言うと、残念ながら日本選手の動きは僕的にはあまりARTではなかったかな。もちろん眼を見張るようなプレーも多々あったと思うが、 身体が小さいとか、スキルがどうとかの問題ではなく, ただ純粋に動きを見ていても、こりゃ〜格が違うわってなってしまった。 外国人選手はなぜ、あんなにデカいのに、早くて、なおかつ柔らかいのだろう??? 身体の使い方という観点(アレクサンダー的)から勝手に分析してみました。 特に気になったのが、 1、〝頭〟からの動き     2、〝ヒザ下の柔らかさ〟と〝上半身〟の関係 1、頭からの動き フェイントからスッと身体半分、頭一個抜け出す、あの一瞬の瞬発力みたいなものが 一流選手にはある。 その際、特徴的なのが頭からの動きである。特にポルトガル代表のロナウドなど、 ヨーロッパの選手は見た目の姿勢がよく、直線的な動きの速さは特に眼を 見張るものがある。                                       クリスチアーノ・ロナウド(Google images) あたまがスッと進行方向に動き、身体が前傾になり、 足から地面を蹴る力が背骨を通して頭まで抜けていくことで 効率の良い推進力が生まれる。 頭が前に倒れすぎていても、頭が上がって顎をだし 背中が反ってしまっていても、推進力の効率は落ちる。 (画質がイマイチですいません) これは陸上選手のスタート時の身体の使い方と同じである。                                    

子供のバランス感覚と身体動作の変化

2019年もあっという間に半月も過ぎてしまいました。 昨年は子供の世話を楽しみすぎてブログも大して更新せず あっという間に終わってしまいました。 ブログは置いておいて、充実した1年でした。 今年はもっとアレクサンダー活動に力を入れて頑張り過ぎず 頑張りたいと思います。 本年もよろしくお願いします。 《子供のバランス感覚》 アレクサンダーテクニークでは 無駄のない、自然で、自由な動きとして 子供の動きをよく参考にします 〈9ヶ月の時に撮影〉 子育てと、その他の仕事であまり余裕のない日々でした。昨年は。 そして、気づいたらうちの娘はなんと1歳を過ぎてるではありませんか!? Oh~~~ growing so fast!! 子供の成長の早さには本当に驚かされますね。 この世に生を受けてからずっと、いろいろな動きや感覚を獲得していきています。 今後の成長や、さらには人生にとても大事な時期ではないかと思います。 そんな毎日を目一杯観察するのが今の楽しみ。 ちょっとした動きの変化に一喜一憂しています。 成長過程での身体の動きや感覚の変化・成長は、 アレクサンダーの生徒さんのそれにとても似ていて アレクサンダーのレッスンをしているような気になる。 といっても、ハンズオンもせず、勝手に良くなっていきます。羨ましい・・・ 出来なかった動きが、ちょっとの変化(進化?)で体全体の動きの大きな変化になり さらに使う筋肉、関節の可動域なども違ってくるので、 体つきも大きく変わってきます。 そして、なんだか纏っているエネルギーも変わってくるような。 子供の場合、放っておいても自分で自然と身につけていくので 必要以上には手を出しませんが アレクサンダーのレッスンを通して、大人の場合は、 子供のころに獲得した、忘れてしまっている動きや感覚を取り戻す。 という感じでなので。 そーなんです。僕らは子供のころに獲得した感覚を徐々に失っているのです。 子供の成長を喜びながら、自分の体

初めてのアレクサンダーテクニークと合唱と介護

暑い暑いと思っていたら、あっという間に梅雨になりましたね。 気温差でカラダがだるいとかお腹を壊したり、足が攣りやすいなど まだカラダが気候にアジャスト出来ていないお話を耳にします。 カラダの声を頼りに調節をしていきましょう! 先日、定期的にアレクサンダーテクニークを教えに伺っている 桐光学園にてちょっとピリッとした感じで講習会をやってきました。 いつもは学生だけなので楽しくをモットーに カラダの使い方を教えているのですが、 その日は、他校の合唱部の先生方が見学にいらっしゃいました。 やはり高校でATを取り入れている学校は珍しいようで、 興味を持ってくださいました。 ことの始まりは、桐光学園の合唱部の先生が 神奈川県の合唱部の強化委員会?のメンバーの一人だったのです。 まさにみんなで合唱部のレベルを上げていきましょう!ということのようです。 すばらしい企画ですね。 そーいえば、旅をしている時、ヨーロッパの方ではもっと、歌だけでなく、音楽が生活に 浸透しているのを感じました。 もちろんアート全般がですね、街にあふれているような。 全く音楽とは縁遠かった僕でも感じたことなので、実際音楽をされている方、芸術家は それを顕著に感じたのではないでしょうか。 このような企画から、もっと日本人の生活にレベルの高い音楽が浸透し 文化的になるのかな。 あーヨーロッパにまた行きたいな〜。 というわけで、「アレクサンダーテクニークとは」ということで 話をさせていただきました。 時間も短いので、プライマリーコントロールを中心に ご自分のカラダと相談しながら カラダの使い方を改めて考えてもらえるように進めてみました。 先生方の反応は上々だったかな。 ・特に高い声が出やすかった ・首や肩にいつも緊張があることに気づけた ・姿勢を良くしようとしたときに身体が逆に緊張していることに気づいた ・歩くと痛むヒザが、痛みなく歩けた など、とても良い反応・発見があり、今後、ご自分の学校での練習などになにか ヒントなどになれればよいかと思います😊 実は、他にもいい発見があったのですが、 いつも教えている生徒たちにもまた新たな発見があり、 もしかしたら、他校の