スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2021の投稿を表示しています

『良い姿勢』の基本とメリット

まず 『良い姿勢』 = 『良い状態』 = 『良い動き』 これが私がお伝えしたい『より良い身体の使い方』であります。 見た目だけの姿勢ではなく ストレスのない毎日のための姿勢です。 なので、良い姿勢とは、より良い身体の使い方の基準を作る重要な第一歩。 私もキッカケは、良い姿勢とはなんだろう? という疑問から、動きや身体感覚に興味を持ち、現在のアレクサンダーに至りました。 姿勢を意識することは、身体を意識することであり、 自分と向き合う貴重な時間を持つことでもあります。 その時間が、楽しく心地よいものになるといいなと思います。 姿勢の基本 【立位】 耳の穴 ・ 肩(肩峰 ) ・ 股関節 ・ 膝関節 ・ くるぶし のラインが一直線になる。  ←耳の穴  ←肩(肩峰)  ←股関節  ←膝関節  ←くるぶし このような骨格的なポイントとなる点のバランスをチェックし、 姿勢を評価します。 まず、身体を支える軸が  骨  であることが理想であるので 骨格のバランスはとても重要である。 理想と言えるラインは、軸であり重心線です。 ラインというと真っ直ぐなイメージになりがちですが、 背骨はゆるいS字のカーブになっているので注意です。 ラインというよりも、 くるぶし の上に 膝 があり 股関節 があり 骨盤 の上に 背骨 が乗っていて さらに 頭 も 股関節 の真上にある という位置関係の感覚が持てるのが良いでしょう。 良い姿勢のメリット ・力が抜きやすい ・疲れにくい ・動きやすい 硬い骨を軸にすることで、 安定感 ・ 安心感 が生まれます そのおかげで、筋肉などの緊張を減少させることが可能になります。 (無駄な)力を抜き、頑張りすぎずとも よい姿勢のまま楽に居ることができます。 不安定感が増すと、身体を支えるために必要以上に筋肉などを緊張させてしまいます。 姿勢が悪く、凝りやすい方の多くは筋肉の緊張によって身体を支えています。 緊張を軽減できた筋肉は、 ①  凝りにくい、痛みが出にくい 状態でいれます ② 血流が良くなり、 疲労回復が早くなる ③  動きやすくなる   過緊張は動き(関節運動)を制限します ④ 身体を部分ではなく、 全体で使えるようになります   負担のかかる箇所が分散されるので、疲れにくくなります。 ⑤ 関節の噛み合わせが良くなり、 さらにスムーズな動き になりま

2021 Happy New Year!

あけましておめでとうございます。 昨年は、コロナ禍ということもあり 、大変な1年でした。 何かと自粛して、身体と意識が縮んでしまった1年。 たとえ縮んでいたとしても、固まらず、自由で動ける、そんな状態を 保持したいと思っていたのでしたが、まだまだ修行が 足りないと反省中です。 ただそれも良い経験。 いろいろな身体感覚を学ぶことはできた、そんな1年だったと思いたい。 今年は絶対良くなっていく! そう願って、自分との繋がりをより良く保ち 周囲とも程よいディスタンスを保ちつつ、繋がり 心身を健やかに 一日一日 一つの動き 一つの呼吸 を大事に過ごしていきたいです。 さて、今年からスタジオ名を変更し、新たな気持ちです。 最初は「Up direction」(上を意識)という僕がアレクサンダーに強い関心を持った ワードにしようと思っていました。 ところが、 「これ何?」と娘に聞かれ 「アップ ディレクションだよ」と教えると、 「あぴれくしょん」と言われてしまいした。 というわけで、即名前変更! 「Upirection」 アプィレクションと読ませていただきます。 合わせて看板も変更。 営業時間も変更。 月 15:00〜21:00 火 15:00〜21:00 水 10:00〜21:00 金 15:00〜21:00 土 10:00〜21:00 今年は、どんな楽しい年になるでしょう? まだまだコロナは続きそうです。 しかし、も〜仕方がない。 開き直って(いつもですが・・・) 楽しめることを楽しみましょう! 僕は年末から、急に「全体性」を意識して動いています。 日本ではそう言われているようですが、 要は身体全部を使っていくこと。 看板には「上の意識」(の方向)という、大事な部分でありますが それは一部の身体意識であり、僕は動きの始まりの意識なんて思っていますが その意識が身体全体を包んでいるというか 何かをしていても 身体全体と共にいい感覚 とでも言いましょうか。 その心地よさを再び楽しんで生活しています。 師匠のボブが、 「 全身が 同時に 動く 」 そう教えてくれていたのを思い出します。 今年も良い身体感覚で過ごしていきたいです。 皆さんも素敵な年になることを祈って。 本年もよろしくお願いします