スキップしてメイン コンテンツに移動

『良い姿勢』の基本とメリット

まず

『良い姿勢』 = 『良い状態』 = 『良い動き』

これが私がお伝えしたい『より良い身体の使い方』であります。

見た目だけの姿勢ではなく

ストレスのない毎日のための姿勢です。

なので、良い姿勢とは、より良い身体の使い方の基準を作る重要な第一歩。

私もキッカケは、良い姿勢とはなんだろう?

という疑問から、動きや身体感覚に興味を持ち、現在のアレクサンダーに至りました。

姿勢を意識することは、身体を意識することであり、

自分と向き合う貴重な時間を持つことでもあります。

その時間が、楽しく心地よいものになるといいなと思います。


姿勢の基本

【立位】

耳の穴肩(肩峰) ・股関節膝関節くるぶしのラインが一直線になる。


 ←耳の穴

 ←肩(肩峰)




 ←股関節



 ←膝関節


 ←くるぶし



このような骨格的なポイントとなる点のバランスをチェックし、

姿勢を評価します。

まず、身体を支える軸が 骨 であることが理想であるので

骨格のバランスはとても重要である。

理想と言えるラインは、軸であり重心線です。

ラインというと真っ直ぐなイメージになりがちですが、

背骨はゆるいS字のカーブになっているので注意です。

ラインというよりも、

くるぶしの上に

があり

股関節があり

骨盤の上に

背骨が乗っていて

さらに

股関節の真上にある

という位置関係の感覚が持てるのが良いでしょう。


良い姿勢のメリット

・力が抜きやすい

・疲れにくい

・動きやすい


硬い骨を軸にすることで、安定感安心感が生まれます

そのおかげで、筋肉などの緊張を減少させることが可能になります。

(無駄な)力を抜き、頑張りすぎずとも

よい姿勢のまま楽に居ることができます。

不安定感が増すと、身体を支えるために必要以上に筋肉などを緊張させてしまいます。

姿勢が悪く、凝りやすい方の多くは筋肉の緊張によって身体を支えています。


緊張を軽減できた筋肉は、

① 凝りにくい、痛みが出にくい状態でいれます

② 血流が良くなり、疲労回復が早くなる

③ 動きやすくなる

  過緊張は動き(関節運動)を制限します

④ 身体を部分ではなく、全体で使えるようになります

  負担のかかる箇所が分散されるので、疲れにくくなります。

⑤ 関節の噛み合わせが良くなり、さらにスムーズな動きになります。


姿勢の変化は、精神面の変化にもつながります。

呼吸は深くなり、胸も開いてくるので心の余裕が生まれます。

目線が上がり、視界が広がります。

いろいろな物の見方も変ってくるかもしれません。


様々な変化をもたらしてくれる、姿勢改善ですが

気を付けなければならないことあります。


良い姿勢というと、多くの方がピッと身体を緊張させます。

一見、良い姿勢に見える人でも、実は凝りやすかったり体が硬かったりします。

そのような場合、大抵は無理をしています。

良い姿勢を取るために、身体が頑張りすぎてしまい

必要以上に緊張しているのです。


ここで僕の姿勢改善の失敗談を一つ


その昔、姿勢を改善したいという患者さんたちに

上のような図を参考に、良い姿勢についてアドバイスをさせてもらいました。

まだ整骨院に勤務していた時です。

20代後半。若く青かった頃ですね。

患者さんたちの努力もあり

一見姿勢は改善は見られたんです。

しかし、期待していたコリや痛みの改善は少なく、

それどころか、別の部位の緊張が強くなってしまったのです。

見た目の姿勢が良くなっても

身体の症状の改善につながらないことを痛感しました。

それ以来、

何が良いのか

どのような状態がちょうどよいのか

分からなくなり

患者さんに良い姿勢は「こうですよ」なんて

簡単には伝えられなくなった苦い記憶があります。


姿勢改善のポイントは

ちょうど良い

を(感覚的に)見つけることです。

伸びやかさも、緊張しすぎない心地よさも

ソコにあります。


まずは、身体に意識を向けましょう。



次回は、姿勢と身体の使い方の改善方法、その1

上を意識することの重要性をお伝えします。



お 知 ら せ


  『 姿 勢 と 身 体 の 使 い 方 』 

オンライン クラス 

 4月よりスタート 

大変申し訳ございませんが変更させていただきます。

6月にスタート予定となります。

どうぞよろしくお願いします。


基本の姿勢・身体の使い方

首と背骨の使い方

肩甲骨と腕の使い方

腰痛がなくなる、身体の使い方

自分で治す顎関節症

姿勢が良くなる呼吸


などを予定しています

詳細は、ブログかホームページにて後日お知らせいたします









コメント

このブログの人気の投稿

身体感覚を高める

2020年も後半になりました。早いですね。 みなさんいかがお過ごしでしょうか? アレクサンダーテクニーク教師のヨシです。 2020年前半は今までにない時代の流れになりましたね。 コロナウイルス。 おかげで、この半年のことがなんだかいつもの時間の流れとは違う 速さであり、質的にも違うもののように感じます。 なんだろう。短い。いやただ単に短いのか。 というか、振り返ると何も無かったから短いと感じるのか。 でも実際は、いつも以上にいろいろ気を付けながら生活していたのに・・・ 僕の自粛期間は、家族との時間が持てたことが良かった事でしょう。 もちろん不自由に感じた時間の方が多かったですが、 まーそれを考えても仕方ない! イライラしたい気分の時もありましたが、 この状況を”受け入れ”つつ、効果のある薬やワクチンができるのを 待つしかない! それならば、少しでも  気 分 良  く  ポ ジ テ ィ ブ  に、  心  と  身 体  と   免  疫 力  を 保っていきたいですね。 外出自粛。 外に出れないなら 内 に、です。 家の中でできる事 そして 身体の内側でできることを楽しもうっ! ということで、この自粛期間中に始めたのが、 新たに学ぶ、です。 以前から気になっていた  チ ネ イ ザ ン (左) 。 ちょっと前にたまたまエンタプライズ社がセールをしていたので 買ってみたのですが まさに今読むべきタイミング。 あの時の決断はこの時のためにあったのか・・・ 以前からチネイザンが気になったことがあったにはあったのですが 引っかからなかったです。 当時は”お腹のマッサージ”くらいにしか思っていませんでした。 すまん、チネイザン。甘く見ていたよ・・・ チネイザン 漢字で書くと ”気” ”内” ”臓” キナイゾウ そう”気”なんです 以前は引っかからなかったのは、おそらく この気の部分にまだ僕がたどり着いていなかったからだろうと思っています。 もし当時、この本を読んでいたとしても おそらくさっぱりだったでしょう。 なぜなら、”気”というものに対していまいちピンときていなかった。 でも今はピンです。 まだまだ浅いですが・・・ いつからかは分からないですが、アレクサンダーの学校で 自分(身体)と向き合うことを通して、 身体感覚が高まり 身体の中の感覚を通す というようなことができる

W杯サッカー 日本代表の身体の使い方

ワールドカップサッカー2014 in Brazil. 僕の予想通りドイツが優勝してしまった!?ブラジルもけっこう応援してたから 本当に残念だった。 そして、日本代表は残念ながら予選グループで負けてしまいましたが、結果はどうあれ、 「おつかれさま」と言いたい。 そこまでBig Fan というほどいつも見ていませんが、やっぱり 一流の選手の動き、身体の使い方には毎回驚かされる。 まさに  ART 。 世界のトップと言われる選手はどの競技においてもその身体の使い方、動きが 常人のそれとは全然違う。 にわかと言われようと、超一流選手のプレーはやっぱり見るべきだ。 ただ、正直に言うと、残念ながら日本選手の動きは僕的にはあまりARTではなかったかな。もちろん眼を見張るようなプレーも多々あったと思うが、 身体が小さいとか、スキルがどうとかの問題ではなく, ただ純粋に動きを見ていても、こりゃ〜格が違うわってなってしまった。 外国人選手はなぜ、あんなにデカいのに、早くて、なおかつ柔らかいのだろう??? 身体の使い方という観点(アレクサンダー的)から勝手に分析してみました。 特に気になったのが、 1、〝頭〟からの動き     2、〝ヒザ下の柔らかさ〟と〝上半身〟の関係 1、頭からの動き フェイントからスッと身体半分、頭一個抜け出す、あの一瞬の瞬発力みたいなものが 一流選手にはある。 その際、特徴的なのが頭からの動きである。特にポルトガル代表のロナウドなど、 ヨーロッパの選手は見た目の姿勢がよく、直線的な動きの速さは特に眼を 見張るものがある。                                       クリスチアーノ・ロナウド(Google images) あたまがスッと進行方向に動き、身体が前傾になり、 足から地面を蹴る力が背骨を通して頭まで抜けていくことで 効率の良い推進力が生まれる。 頭が前に倒れすぎていても、頭が上がって顎をだし 背中が反ってしまっていても、推進力の効率は落ちる。 (画質がイマイチですいません) これは陸上選手のスタート時の身体の使い方と同じである。                                    

初めてのアレクサンダーテクニークと合唱と介護

暑い暑いと思っていたら、あっという間に梅雨になりましたね。 気温差でカラダがだるいとかお腹を壊したり、足が攣りやすいなど まだカラダが気候にアジャスト出来ていないお話を耳にします。 カラダの声を頼りに調節をしていきましょう! 先日、定期的にアレクサンダーテクニークを教えに伺っている 桐光学園にてちょっとピリッとした感じで講習会をやってきました。 いつもは学生だけなので楽しくをモットーに カラダの使い方を教えているのですが、 その日は、他校の合唱部の先生方が見学にいらっしゃいました。 やはり高校でATを取り入れている学校は珍しいようで、 興味を持ってくださいました。 ことの始まりは、桐光学園の合唱部の先生が 神奈川県の合唱部の強化委員会?のメンバーの一人だったのです。 まさにみんなで合唱部のレベルを上げていきましょう!ということのようです。 すばらしい企画ですね。 そーいえば、旅をしている時、ヨーロッパの方ではもっと、歌だけでなく、音楽が生活に 浸透しているのを感じました。 もちろんアート全般がですね、街にあふれているような。 全く音楽とは縁遠かった僕でも感じたことなので、実際音楽をされている方、芸術家は それを顕著に感じたのではないでしょうか。 このような企画から、もっと日本人の生活にレベルの高い音楽が浸透し 文化的になるのかな。 あーヨーロッパにまた行きたいな〜。 というわけで、「アレクサンダーテクニークとは」ということで 話をさせていただきました。 時間も短いので、プライマリーコントロールを中心に ご自分のカラダと相談しながら カラダの使い方を改めて考えてもらえるように進めてみました。 先生方の反応は上々だったかな。 ・特に高い声が出やすかった ・首や肩にいつも緊張があることに気づけた ・姿勢を良くしようとしたときに身体が逆に緊張していることに気づいた ・歩くと痛むヒザが、痛みなく歩けた など、とても良い反応・発見があり、今後、ご自分の学校での練習などになにか ヒントなどになれればよいかと思います😊 実は、他にもいい発見があったのですが、 いつも教えている生徒たちにもまた新たな発見があり、 もしかしたら、他校の